フオパトッス(フエルトブーツ)

フオパトッス(フエルトブーツ)

暖冬とは言え流石に年明けから寒い日が続いています。冬のとても寒い日、氷点下10度以下ぐらいだと、長時間外で過ごす時には随分気をつけて防寒しても、どうしても足の指先は冷えてしまいます。 私がフィンランドでフオパトッス(フエルトブーツ)に出会ったのは、もう 20 年以上も前。南フィンラン ドに位置するハメーンリンナという街に住んでいた私がラップランドに引っ越すことにな...
ウール・ラグの未来

ウール・ラグの未来

気がつけば、去年2018年はとうとう一回もブログを更新しないままとなってしまいました。少し落ち着いたら書こう、、と思っているうちに一年が過ぎてしまったのですね。時間というのは容赦無く過ぎていくものです。 去年を振り返ってみると、多くの時間をウール・ラグと共に過ごしました。インスタや FBで少しアップしましたが、とっても太いウール100%の糸を素材に、フィンランドの伝統組織で織り上げます。...
ワインのコルクで作るトントゥ  

ワインのコルクで作るトントゥ  

私のパターンのモチーフにたくさん使われている、フィンランドに住む妖精の様な小さな人、トントゥ。 クリスマスにはサンタクロースの手助けで特に忙しいトントゥ。トントゥってなに?と聞かれると説明は結構ながーくなります。実はイブだと言うのに、まだ掃除も途中、料理も途中。。。 なのでその説明はまたこの次にして、今日はワインのコルクを利用して作るトントゥをざっと紹介です。 1 材料はワインのコルク、黒い粒胡椒、木の枝の輪切り、毛糸2色。その他、木工用ボンド、ハサミ、編み物用棒針、仕上げ用の毛糸の縫い針など。 2 毛糸で帽子とお洋服を編みます。...
天然染料による糸染め:ルピナス

天然染料による糸染め:ルピナス

庭に長い間積まれていた木材が腐り始めているので燃やさなければならない。。という事になり、せっかく木を燃やすならそのエネルギーが勿体無い!という事で糸を染める事にしました。 昼頃にルピナスを集め始め、糸の準備、薪の準備、煮出し、染め・・・染め上がった糸を濯ぎ、つるした時にはもう夜の11時。。ほぼ12時間かかりました。今回初めて薪を使っての染めを体験。染料、媒染剤の量も、染浴の温度も、なかなか調節が難しく、結局かなりダイナミックな染めとなりました。...
救急法1講習

救急法1講習

先回救急法の講習に参加したのはもう随分前。古い知識をリセットです。今回の講習は救急法1。2日間みっちりの講習です。...
ヌークシオ国立公園のハルティア・ネイチャーセンター

ヌークシオ国立公園のハルティア・ネイチャーセンター

フィンランドには全部で39の国立公園がありますが、ヌークシオ国立公園はその中でヘルシンンキから最も近く、車で1時間足らずで行ける距離。電車とバスを乗り継いで行っても日帰りもできる国立公園です。1994年に国立公園に指定されました。 ヌークシオの魅力は訪れる人たちの状況や気持ちによって、とてもいろいろな形で自然と触れ合うことができるところだと思います。 入り口付近は乳母車でも入って行けるように整備されているので、休日には小さなこども連れの家族も多いですし、かと思えば大きなザックでシュラフやテントを担いで本格的な趣の人たちもいます。...