ウール・ラグの未来

ウール・ラグの未来

気がつけば、去年2018年はとうとう一回もブログを更新しないままとなってしまいました。少し落ち着いたら書こう、、と思っているうちに一年が過ぎてしまったのですね。時間というのは容赦無く過ぎていくものです。 去年を振り返ってみると、多くの時間をウール・ラグと共に過ごしました。インスタや FBで少しアップしましたが、とっても太いウール100%の糸を素材に、フィンランドの伝統組織で織り上げます。...
フィンランドの森と生き物展 軽井沢にて

フィンランドの森と生き物展 軽井沢にて

9月13日から軽井沢のグランネ ハントヴァルクで開かれている「フィンランドの森と生き物展」。数々の作品展を経験して来ましたが、参加が私一人というのは今回が初めてです。つまりこれを個展、というのでしょう。 一人で全てやる、ということがどういうことなのかを真剣に考えないままやることを決め、準備して来ましたが、今その意味がわかりました。体験してみないとわからないことが沢山ありますが、これもその一つでした。...
天然染料による糸染め:ルピナス

天然染料による糸染め:ルピナス

庭に長い間積まれていた木材が腐り始めているので燃やさなければならない。。という事になり、せっかく木を燃やすならそのエネルギーが勿体無い!という事で糸を染める事にしました。 昼頃にルピナスを集め始め、糸の準備、薪の準備、煮出し、染め・・・染め上がった糸を濯ぎ、つるした時にはもう夜の11時。。ほぼ12時間かかりました。今回初めて薪を使っての染めを体験。染料、媒染剤の量も、染浴の温度も、なかなか調節が難しく、結局かなりダイナミックな染めとなりました。...
クッション製作 no2 :ルイユ、クマと北斗七星のストーリー

クッション製作 no2 :ルイユ、クマと北斗七星のストーリー

今年最初の仕事、クッション展で製作した作品について。ポッパナの次にはルイユです。 これもフィンランドの伝統的な織物の一つです。とは言っても技術的にはいわゆるノッティングなので、世界では他の国にも存在するタイプのものです。 元々は布団や毛布のようにかけたり包まったりして使っていたものですが、時代とともに使われなくなるとタペストリーのように壁にかける装飾テキスタイルとなっていきます。 近年は今までにはなかったモチーフをデザインしたり、斬新なレイアウトや色、形、素材を使い、ニュータイプのルイユと形を変えて伝統が繋がれています。...