夜のゲレンデ

夜のゲレンデ

フィンランドに太陽が戻ってきてしばらく経ちました。真っ暗だった冬が終わり、今太陽が雪に生えて気持ち良い季節です。 北欧では夏と冬の違いがとても大きいですが、その大きな要素は気温と日照時間です。夏は白夜で全く暗くならない時期があるかと思えば、反対に冬は太陽が全く上らない時期もあるという訳です。...
フオパトッス(フエルトブーツ)

フオパトッス(フエルトブーツ)

暖冬とは言え流石に年明けから寒い日が続いています。冬のとても寒い日、氷点下10度以下ぐらいだと、長時間外で過ごす時には随分気をつけて防寒しても、どうしても足の指先は冷えてしまいます。 私がフィンランドでフオパトッス(フエルトブーツ)に出会ったのは、もう 20 年以上も前。南フィンラン ドに位置するハメーンリンナという街に住んでいた私がラップランドに引っ越すことにな...
トナカイ、オーロラ、ラップランド

トナカイ、オーロラ、ラップランド

私にとってフィンランドでの暮らしの中で大きく大切な部分を占めるのが自然です。 首都のヘルシンキであっても生活圏のなかに森や林、水辺があります。それぞれの地域にそれぞれあるので我が家も裏庭に出る感覚で森に入ることができます。 森には鳥はもちろん朝夕の薄暗い時間帯にはウサギにも出会います。先月には狐が窓の向こうをつつつーっと走っていきました。笑 川や池には種の異なるカモやタイミングが良いと白鳥にも出会えます。整備されたコースでは夏はジョギング、冬はクロカンをする人がいます。...
ウール・ラグの未来

ウール・ラグの未来

気がつけば、去年2018年はとうとう一回もブログを更新しないままとなってしまいました。少し落ち着いたら書こう、、と思っているうちに一年が過ぎてしまったのですね。時間というのは容赦無く過ぎていくものです。 去年を振り返ってみると、多くの時間をウール・ラグと共に過ごしました。インスタや FBで少しアップしましたが、とっても太いウール100%の糸を素材に、フィンランドの伝統組織で織り上げます。...
ワインのコルクで作るトントゥ  

ワインのコルクで作るトントゥ  

私のパターンのモチーフにたくさん使われている、フィンランドに住む妖精の様な小さな人、トントゥ。 クリスマスにはサンタクロースの手助けで特に忙しいトントゥ。トントゥってなに?と聞かれると説明は結構ながーくなります。実はイブだと言うのに、まだ掃除も途中、料理も途中。。。 なのでその説明はまたこの次にして、今日はワインのコルクを利用して作るトントゥをざっと紹介です。 1 材料はワインのコルク、黒い粒胡椒、木の枝の輪切り、毛糸2色。その他、木工用ボンド、ハサミ、編み物用棒針、仕上げ用の毛糸の縫い針など。 2 毛糸で帽子とお洋服を編みます。...