Ekokassi ja mini-kukkaro kierrätysmateriaalista 

リサイクル・エコバック&ポーチ

May 17, 2019

ここのところミシンの日々が続いています。ミシンをかけ始めるといつも思うのですが、この作業、好きです。

ミシンで何かを作るのは立体作品を作る感覚で、構造や構成が大切な要素です。それでいて、素材は布なので最終的には融通も利くしなんとかなってくれます。その辺のユルさもいいところ。

事の始まりは在庫となっている枕カバーをリメイクしたい、というところから始まっています。枕カバーのサイズは50x90cm、とやや大きめ。でもボタンも何もついていないシンプルな作りで、言って見ればただの袋です。

とりあえずできる限り素直にシンプルに、あまり切り刻んだりなんだかんだとしないでできるものを作りたいと思い、エコバックを作ってみました。

脇の一片から持ち手を取り、枕カバーの本体はそのままエコバックの本体へ。

持ち手を取った布の端が少し残りました。

これはパカパカのミニポーチに。

ゴミになったのは、切り落としたほんの1cmに満たない端のロックミシン部分1本のみ。

このシンプルな作りであることは今回大きな利点でした。ファスナーやボタン、紐、なんでも少しでも余分なものがあればリメイクが何倍も手間のかかるものになったはず。

持続可能なデザインをとは頭では考えてはいても、それが何を意味するのか初めて実感したチャンスだったと思います。