Kotisiivous vai luontobongaus?

部屋の掃除?それとも自然観察?

Mar 28, 2019

春、です。
やっとこの季節になりました。

一番嬉しいのは太陽の陽を見れること。太陽=エネルギー!
朝起きると外が明るい。これだけで目覚めが随分違います。起きてすぐに力が出ます。
夕方も陽が伸びると、ひと仕事の後にもまだ何かできそうな気がします。

同時に、お決まりで参ったな〜というのもこの時期。周辺が明るくなって家中の粗が見える。机の上はほころだらけ、キッチンの棚や収納スペースの扉は手垢と食べ物のカスで汚れ、扉のノブの周りは手垢の汚れ。。などなどがはっきり見えるようになる。大掃除しなければ・・と気が急きます。

とは思うけれど、せっかく春がきて、”今”でなければ見られない物がたくさんある。掃除は待ってくれますが、自然は刻一刻と変化してる。

というわけで掃除はさておき、苦笑 以下、先週末の自然ウオッチングでキャッチした生き物たちです。
(日本語/Suomekesi/Scientific name)

クロウタドリ/mustarastas/Turdus merula : クロウタドリにしては色が茶に近く、なんだろう?と悩み調べましたが、クロウタドリの雌ということに落ち着きました。

コガラ/Hömötiainen/Poecile montanus :この辺りでは多く、見慣れた鳥です。

アカゲラ/Käpytikka/Dendrocopos major :今雪解けの時期、景色はまだほとんどモノトーンの中、後頭部とお腹の赤色が妙に嬉しくて強烈に印象的。

キタリス/Orava/Sciurus vulgaris :耳が妙なまでに長く見えました。薄暗い明け方すぐの早朝に見たせいだと思いますがほとんどグレーに見えました。

これからどんどん渡り鳥もやって来るし外出には双眼鏡は必須!